【保存版】*.+ 2018年の特別な月の解説と観測日 +.*

月の満ち欠けと12星座のテーマで、
メンタルブロックやコンプレックスを
自ら解放していく

 

『Moon gate』のメソッドと合わせて活用したい

 

特別な月についてのまとめです♡

 

今年観測できる日付も記しておきましたので、

ぜひ手帳に書き写してご活用くださいね!

 

【保存版】*.+ 2018年の特別な月の解説と観測日 +.*

______________

知っておきたい特別な満月について

______________

 

満月、新月、上弦、下弦の他にも

 

 

日本では月の表情ごとに

28の和名があります。

 

 

他にも、

年に数回あるいは、数年に1度しか

見ることのできない

特別な月の表情があります。

 

 

 

今回は、2018年にも観測できる

特に知っておきたい

特別な満月の呼び名と解説をご紹介します。

 

 

エネルギーの強さをより一層感じられる

特別な月を活用して、

魂レベルからあなたが自由に輝きますように♡

 

 

 

 

______________

スーパームーン
______________

月は楕円を描く様にして、地球の周りを回っています。

楕円形に回る月の軌道上で、

最も地球に近付く時には月が最も大きく見えるため、

このタイミングで満月か新月だった場合に

『スーパームーン』と呼びます。

 

 

特に満月は太陽の光が月の表面全体を照らすため、

満月のスーパームーンには、

強力なチカラがあると言われています。

 

ちなみに『スーパームーン』は占星術での呼び名。

 

天文学では、近点の満月を『ペリジーフルムーン』

近点の新月を『ペリジーニュームーン』と呼びます。

 

1月2日の満月が年始早々に訪れるスーパームーンです。

2016年に観測されたスーパームーンに次いで2番目の

地球への接近だそうです。

 

 

______________

ブルームーン
______________

実は1年に1度は必ずあると言われるブルームーン。
青い色の月のことではありません。

およそ28日周期で月は地球の周りを一周します。

現在使われているグレゴリオ暦との誤差が生じるので、
年に1度は1ヶ月のうちに
2度満月が生じる時の2回目の月のことを
ブルームーンと呼んでいます。

 

他にも、1つの季節に満月が観測できる時の3回目という見方も。

 

2018年は、このブルームーンが2度も生じる珍しい年です!

見ると幸せになれるとも言われるブルームーン。

 

2018年は、1月31日と3月31日の満月がブルームーンとなります。

 

次回、年に2回見られるのは、19年後の2037年です。

______________

ローズムーン(ストロベリームーン)
______________

この現象は、夏場に月の高度が低くなることに関係します。

 

月と太陽が地球を挟んで、

間反対に位置する時に満月になります。

 

太陽が高く登る夏には、日が高くなり日照時間が伸びますが、

月は太陽とは真逆の高度になるため地平線近くに低く位置します。

 

このことから、夏至近くに現れる満月は、

朝焼けや夕焼けが光の反射で赤く見えるのと同様に

赤みを帯びて見えるそうなんです。

 

 

ヨーロッパでは『ローズムーン』

アメリカでは『ストロベリームーン』と呼ばれています。

 

ヨーロッパでは、

真っ赤なバラのような月に由来して『ローズムーン』。

 

アメリカでは、

夏至時期の満月がイチゴの様に赤く輝くことに由来しています。

(アメリカではイチゴの収穫期が6月と夏至に近いため、と言う説も)

 

 

年に一度しか訪れない月の珍しさも重なり、

赤い月は恋愛やパートナーシップにおいて、

良縁をもたらすとも言われています。

 

2018年は、6月21日の夏至の近くでは、

6月28日の満月にローズムーンが見られそうです。

 

 

______________

ブラッドムーン(レッドムーン)
______________

皆既月食の時に見られる

神秘的な赤い月(赤銅色)をブラッドムーンと呼びます。

 

これは、皆既月食で太陽が完全に地球と重なった時に

太陽から注ぐ光のプリズムの内で、

散乱しやすい青い色が飛び、赤い光だけが月に届くために

起こる現象です。

 

 

ローズムーンとは違い、

数年に一度の満月の皆既月食にしか見られないとされる、

珍しい月の表情です。

 

一説には、血に染まったような赤色の月は不気味とされ、

不吉なことが起こる予兆ではないか?とも言われていたそうですよ。

 

 

 

2018年1月31日は、77分間に及ぶ皆既月食のため、

ブラッドムーンが観測できるのではないかと言われています。

 

また、2018年は7月28日にも皆既月食が起こります。

この日は月食のまま西の空に沈んでいく

『月入帯食』が観測できるそうです。

 

 

 

 

特別な月の名前と解説、いかがでしたか?

 

特別な満月の訪れには、

それぞれに由来や言い伝えがあります。

 

 

2018年、あなたの中にある天体のエネルギーが、

珍しい天体の輝きとともに、楽しんで開きますように♡

*
*
* (公開されません)

FACE BOOKにコメントする