未分類

【BからGへも思いのまま。自分の身体はデザインできる】

年齢とともに
萎んでいくのは当たり前?

年齢には抗えないってホント?

【BからGへも思いのまま。自分の身体はデザインできる】

補正下着の販売をしていた時、
ブラジャーのこと、おっぱいのこと

改めて扱い方を教わりました。

それと同時に気が付いたことは、
バストの扱い方を
知らない女性が多い!

という事実でした。

ただいま絶賛♡育乳中のわたし。

Fカップは邪魔だから、
ここ最近一気に落として

BとCのちょうど間にしていたの。

でもやっぱり物足りなくなってきたので、
Fカップに戻そうと思ったら
Gカップ強になっちゃった♡

20歳ぶりのGカップ(*´꒳`*)

悪くない。

すいません、自慢です(笑)

ここから
おっぱいにお肉を移しつつ
絞り込みます。

女性の身体は、
意図してデザインするのと、しないのでは、

大きく差が付く代物です。

でも、この事実を

知らない女性は多いのが現状です。

もったいない!

自分の身体やお肌に対しては

今の状態が普通で、

「どうせ変わらない」

「まぁこの程度」

「こんなもんでしょ」

という諦めがある方が非常に多いです。

こういう方々に出会うと、

まだチャレンジも
していないのに!!!

と、プロとしては思ってしまいます。

伝説のグラドルと言われた、

ほしのあきさん。

彼女はグラビアを始める前は、

ガリガリのペチャパイ(ごめんなさい)

でした。

あることをして、

あの華奢な手脚と

爆乳を手に入れました♡

わたしがお客様や

自分の身体で実践した結果、

一番確実に綺麗な身体作りができて

誰にでも年齢問わず活用できたのが

この方法でした。

そうしたら21歳ぶりの
Hカップもなろうと思えばなれちゃう。

{EAFAFD6F-FA3D-41AD-97F4-6DDE8A0F2054}

(ただいま証明のため育乳中)

32歳で21歳ぶりのおっぱい復刻。

に、挑んでいます!!

やっぱり思うのは、
年齢なんてただのナンバー♡

10年20年そこらの年齢の差で、
「あなたは若いから」
と言ってしまうとしたら、
あなたが本当に老化しているのは
肉体でも肌でもなく『捉え方』です。

おっぱいもくびれも、
ヒップも太ももの隙間も。

足首だってデザインできる。

あなたは自分の身体を
意図してデザインしてますか?

身体はデザインできる。
いつまでも美しいバストは女性の象徴。

松井 香苗