「占星術、どこで学んだんですか?」というご質問に答えてみた。

「占星術、どこで学んだんですか?」というご質問に答えてみた。

エネルギーについて、ホロスコープについて、そんなに詳しいのは何故?

 

「占星術、どこで学んだんですか?」というご質問に答えてみた。


~ vivi's  blog  ~

 

こんにちは、女性神秘学研究家・viviです。

『魂の羅針盤』を使った使命鑑定を通じて
お仕事で鮮やかに活躍する女性のための

次のステージへのポジショニングと、
継続的なエスコートをしています。

 

わたしは、占星術を使ってセッションを行っています。


セッションでは、クライアントさんの
持って生まれた性質を見るために、
ホロスコープセッションをさせて頂くんです。

その中で、

わたしは、特にエネルギーについて
詳しくお話しするので・・・

「どこでそんなにディープな内容を学んだの?」

「なんでそんなに詳しいの?」

といったご質問が急増!なので、皆様の気になるご質問に答えてみました。

「viviさん。占星術、どこで学んだんですか?」

「占星術を学んだ場所を教えて下さい」

「どこで学べばそんなに詳しくなれるんですか?」

「今まで受けたことのある『占い』と全然違うのは、なぜですか!?」


と、セッションをしていると、クライアントさまから大変驚かれます。

そうなのでしょうか?

「未来は、ご自身の決断の結果である。」を信条にしていますので、
わたしは、未来を占わないのですよね。

生まれ持った素質や、役割、使命にフォーカスしたセッションを
行っております。

さてさて、ここからが本題!
わたしの占星術の師匠をご紹介します。

 

西洋占星術を学んだ経緯



今後、知りたい方の参考になるように、
まとめてみました♡

 

わたしが占星術を学んだのは、

・独学でおよそ2~3年
・集中セミナー

といったところです。

 

エネルギーに詳しいのは、
占星術だけではないのですが・・・

こんな感じで学んでいました。

 

段階別に辿ってみると・・・


最初は、
心理学やカウンセリングから始まり、

色や音の心理作用→周波数→エネルギー

を学びました。

 

きっかけは、

エステで皮膚理論や、
病理について、身体の仕組みを
学んだことに起因します。

身体の仕組みから、
心の傷や月の満ち欠けを学び・・・


エネルギーや宇宙の仕組み、
DNAとエネルギー、
遺伝性の思考や脳科学について

学びました。

 

そして、

健康な身体の周波数を響かせることで、
身体の調整をする
ロシアの健康器具、


サウンズスキャニングセラピーの
オペレーターをしていました。

ここで、更に周波数と
身体の関係について学びました。

この後に、占星術を2〜3年。

なので、
エネルギーに関して詳しいのは
占星術がベースではないのですが、

感覚で把握していたエネルギーを、
体系的に、言葉として理解したのは

占星術の理解を深めたことに
起因しています。

 

占星術の師匠はこの方々です。

独学の後、
北條毅(ほうじょう つよし)先生から
基本を学び直しました。

占星術の全体像がわかったところで、

ニュアンスや大きな概念を
水澤純(みずさわ じゅん)先生から学びました♡

 

数秘・タロット・四柱推命・インド占星術の基本は
シュメール文明に原型を残す西洋占星術なので、

西洋占星術の理論を知っておくことは、
オススメです♡

 

受講した講座内容はこちらです

 

わたしが西洋占星術を学んだ

師匠達の講座内容のリンクを
貼っておきますね。

\イケメン♡/
北條毅先生

真の自分に目醒め、
宇宙の流れに乗って生きる占星術講座

https://hojotsuyoshi.com/profile

 

 

 

\可愛い♡/
水澤純先生

右脳占星術講座

https://horoscopeheart.com/lesson/#i-3

(オンラインだったので2ショット写真ないです)

 

参考になれば幸いです♡

 

抽象的な
宇宙の仕組みを理解しておくと、

具体的な
現実に応用できる♡

 

viviの『魂の羅針盤』セッションへの
ご感想はこちらにまとめてあります。

お客様の声を読む!

 

 

あなたの人生とcrossする機会を心より楽しみに致しております。

Do everything in love.
すべての女性が自由に生きられる社会へ
女性神秘学研究家 / vivi

 

現在ご提供中のサービスはこちら

『I am』未来と使命を明確にする個別セッション

I am個別セッション

バストケアの情報をお届けする
【美胸通信】by 公式LINE@

【美胸通信】by LINE@

*
*
* (公開されません)

FACE BOOKにコメントする